2050 年 問題。 世界が90億人を「食べさせる」ことはできるのか?

年 問題 2050

🐲 この惨状は、胡坐をかいて、何もしてこなかった地方自治体の末路としては、他の地方自治体の反面教師になりそうですが、他の地方自治体も、具体的な対策や有効な手段を構築しないので、このような「住みやすいごく普通の街」こそが、この先、人口が激減し、最も急速に滅び、消滅してゆきます。 年間800万トンの海洋ごみが発生。 警備員などの監視業務 (6)食料分野における破綻 出典: 2050年問題は日本だけに留まりません。

4
年 問題 2050

🤝 そのため 病院や薬局、介護の分野は高齢化しても成長できるといえます。

5
年 問題 2050

🤪 実は近い将来、世界中で慢性的な食料不足が起こることが危惧されている。 研究を進めた私自身にとってもある意味で予想外だったのだが、AIによる日本の未来について今回のシミュレーションが示したのは、日本全体の持続可能性を高めていく上で、「都市集中」——とりわけその象徴としての東京への「一極集中」——か、「地方分散」かという分岐ないし対立軸が、最も本質的な分岐点ないし選択肢であるという内容だった。

6
年 問題 2050

📲 近年の東京圏への人口流入ということが話題になっているが、しかし他方で、札幌、仙台、広島、福岡といった地方都市について見ると、これらの都市の人口増加率はかなり大きく、中には福岡のように東京をしのぐケースも見られるという事実がある。

年 問題 2050

🤛 (5)AIが働きたくても働けない人が増加する一因になる可能性 ここ最近のAI(人工知能)技術の発展にはめまぐるしいものがあります。 もしこのまま海洋ごみに対する問題意識が高まっていったとしても、みんなで認識を合わせなければ、海洋ごみを削減するための行動が結果につながらないかもしれない。 投げ捨てなどにより街に捨てられたごみは雨とともに排水溝へと流れ、やがて川をつたい海へと流れ出るのだ。

17
年 問題 2050

☝ きょうは体育祭の翌日で学校は休み。

14
年 問題 2050

🤟 飼料・肥料の原料となるイワシなどの水産資源に関する規制が早急に必要です。 当時は、インバーターのようなエアコンの省エネ性能を高める最重要技術が、中国に流出するという懸念から、ダイキン社内には格力への技術開示に激しい反発があったという。 人口減少• 余った電気は都市に売る。

7
年 問題 2050

😝 (3)約17~20年後に、地方分散型シナリオの中で持続可能性が高いものとそうでないものとの分岐が生じ、前者に導くためにはいくつかの政策対応が重要となる。

6