環境 再生 保全 機構。 独立行政法人環境再生保全機構(ERCA)の採用データ

機構 環境 再生 保全

🤙 8 都道府県知事は、前項の規定による協議をするに当たっては、関係市町村長の意見を聴かなければならない。

3
機構 環境 再生 保全

⚑ 別表第二環境事業団の項を削る。 業務内容は、主に下記の8つです。

16
機構 環境 再生 保全

👎 別表第一第一号の表環境事業団の項及び公害健康被害補償予防協会の項を削る。 技術系• 第九条 政府は、法人に対する政府の財政援助の制限に関する法律(昭和二十一年法律第二十四号)第三条の規定にかかわらず、国会の議決を経た金額の範囲内において、前条第一項の規定による長期借入金又は債券に係る債務(国際復興開発銀行等からの外資の受入に関する特別措置に関する法律(昭和二十八年法律第五十一号)第二条第一項の規定に基づき政府が保証契約をすることができる債務を除く。

8
機構 環境 再生 保全

✌ 第四章 雑則 (財務大臣との協議) 第十七条 環境大臣は、次の場合には、財務大臣に協議しなければならない。 10 前項の評価委員その他評価に関し必要な事項は、政令で定める。

機構 環境 再生 保全

😊 9 第一項の規定により機構が協会の権利及び義務を承継したときは、その承継の際、第五項第二号に掲げる金額を、第十二条に規定する公害健康被害補償予防業務に係る勘定に属する積立金として整理するものとする。 )の経理については、その他の経理と区分し、特別の勘定(以下「承継勘定」という。 ) 二 前号に掲げる事業者の団体の役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。

18
機構 環境 再生 保全

🤜 ・イ案件:国内の民間団体による開発途上地域での環境保全のための活動 ・ロ案件:海外の民間団体による開発途上地域での環境保全のための活動 ・ハ案件:国内の民間団体による国内での環境保全のための活動• )は、機構の成立の時において解散するものとし、その一切の権利及び義務は、次項の規定により国が承継する資産を除き、その時において機構が承継する。 また、上記に該当しない方もご利用いただけます。

15