斉藤 宗次郎。 斉藤宗次郎と宮沢賢治の出会い: 摂理の花嫁(主の新婦になりたい!)

宗次郎 斉藤

♻ 彼は雨の日も、風の日も、雪の日も休むことなく、 町の人達のために祈り、働き続けたそうです。 綺麗な和紙に丹念に毛筆で書かれたものですね。

3
宗次郎 斉藤

👆 しかし宮沢賢治の周りにいた人物で、この詩の人物にぴったりと当てはまるのは斉藤宗次郎であることも事実です。 2012年11月23日、コンサートホールにて初演。

20
宗次郎 斉藤

🙄 自分の子どもを蹴って死なせた子どもたちのために。

1
宗次郎 斉藤

🌏 そのために上京するんですね。

15
宗次郎 斉藤

☣ 自分が詩(詞)を書くと、こんな感じの言葉になることが多いので、私としては親近感を覚える詩です。 洗礼を受けた斉藤宗次郎もまた、教職の道を奪われ、親からも勘当された身でした。 冷夏と旱([訓]ひでり)を「対応」させるのが妥当だという説明について、「ヒドリ」でも十分対応しているとするもの。

宗次郎 斉藤

📲 記述はほとんどこれにもとづいているわけです。 そういう人間だったようにも思うんですね。

4
宗次郎 斉藤

💅 その後1900年の冬、23歳の時に洗礼を受け、花巻で初めてのクリスチャンになりました。 当時、内村鑑三を師と慕う人は多数いたのです。 イエスからの愛が彼に流れていて、それが人々に伝わったということだと思うのです。

宗次郎 斉藤

♻ もしかすると、これは喰うか喰われるかの世界というものを受容することによって、人間のエゴイズムと言いますか、人間であることの不安から何とか脱出したい、と思っていた。 ところが、そこには町長をはじめ、町の有力者の人々、学校の教師、またたくさんの生徒たちが見送りに来てくれているではありませんか。 此処に今お示し致しましたのは、『二荊自叙伝』の十四と十五です。

4