ケーキ の 切れ ない 非行 少年 たち。 宮口幸治 『ケーキの切れない非行少年たち』

たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

😇 20年2月に発表された「新書大賞2020」でも、大賞となった『独ソ戦』(岩波新書)に次いで2位。

4
たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

😚 節税の為に法人化するか現在検討中。 もちろん、ぼくの見ている世界が正しいわけではないです。

8
たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

🙄 認知のゆがみを最初に取り上げた、「少し複雑な絵の模写」も、ぞっとするものでした。 このような、本来であれば大人や社会が守ってあげるべき少年たちが、その支援が行き届かないばかりに非行に走ってしまう。

2
たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

🤙 しかし学校からすれば、軽度の知的障害を持っているような非行少年たちにはさっさとドロップアウトしてもらって、頭のよい子たちだけが残って進学率を上げてくれる方が嬉しいでしょう。

14
たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

🐲 著者は本書の目的のひとつとして「問題意識を共有し、加害少年への怒りを彼らへの同情に変えること 」(pp. が述べるように、「 いかに法律や制度が充実しようとも, 社会の構成員のそれぞれが障害者を同じ社会の一員として理解し,受容しなければ,障害者が社会の中で精神的に豊かな生活をおくることはできない」のです。

2
たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

☕ 「境界知能」とは、IQが70~84程度で、いわゆる「知的障害」(IQ69以下)とまでは言えないが、現代社会で生きていく上では相当程度の困難に直面していると考えられている人たちのことだ。 彼らに、非行の反省や被害者の気持ちを考えさせるような従来の矯正教育を行っても、ほとんど右から左へと抜けていくのも容易に想像できます。 ですが、少年はなぜ捕まってしまったのか 理解できないということです。

たち ケーキ ない の 少年 切れ 非行

😂 実は殺人、強盗、強姦などの「凶悪な犯罪」を起こした非行少年たちの中には、「境界知能」ゆえに物事の認知能力が低く、幼少期からさまざまな困難に直面していた「傷ついた子どもたち」がかなりの数含まれている。

4