モーツァルト ピアノ 協奏曲。 アンドラーシュ・シフ/モーツァルト: ピアノ協奏曲全集

協奏曲 モーツァルト ピアノ

⚠ 三楽章もすっきりした表現です。

13
協奏曲 モーツァルト ピアノ

🤔 563 1788 行進曲 [ ]• グラス・ハーモニカのためのアダージョ ハ長調 K. ロベール・カサドシュの録音 指揮クリーヴランド管弦楽団 SONY。 なんとこれがBlu-rayディスクで何と1枚に収録されたというので、買ってしまった。 247 1776• (ユニバーサルミュージック) 『The Messenger』 【曲目】 モーツァルト: 1. 386 [ ] のにで作曲された作品。

協奏曲 モーツァルト ピアノ

⚡ なおモーツァルトの一部の作品は生前に出版され、作品番号が与えられた楽曲もあるが、こんにちではそうした作品番号はほとんど用いられていない。 モーツァルトの協奏曲としてはある程度くっきり したタッチを維持して粒のきれいな音を並べて欲しいという個人的好みがあり、ふっと飲み込まれるような弱音というのはときに違和感を覚えるのですが、現代 ピアノを使った表現としては当然そちら方向への幅があるわけで、楽器の能力を十分活かすのは当たり前です。 一方、協奏曲全集に併せて収録されることが多いのが、2曲のロンド「D-dur K. アルフレート・ブレンデル、チャールズ・マッケラス指揮スコットランド室内管弦楽団 PHILIPS。

19
協奏曲 モーツァルト ピアノ

😙 冗長なところがなく、弦の音が大変きれいです。 「酒ほど気分のいいものはない」(「俺の尻をなめろ」)K. 365 316a : 変ホ長調(2台のピアノのための)• クラウスのピアノはかろやかでタッチも多彩で大変素敵だ。

協奏曲 モーツァルト ピアノ

😆 第三楽章の躍動感は見事。 実のところ、あまりに「モーツァルト風」であるために、モーツァルト自身が自分を模倣したかのようだ。 ト長調 K. また、ピアニストのも左手パートを補筆して演奏している。

協奏曲 モーツァルト ピアノ

🌏 deest 散逸 通奏低音付きか 特殊楽器作品 [ ]• イシュトヴァン・ケルテス指揮ロンドン交響楽団 DECCA録音で2枚。 499『ホフマイスター』 1786• モーツァルトの弟子で、初演にも立ち会っていたは、ピアノ・・・用の編曲(ピアノの左手パートも補われている)を残しており、らが録音している。

4
協奏曲 モーツァルト ピアノ

🐝 ジョン・ギボンズ、フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ PHILIPS。 第23, 26番。

2
協奏曲 モーツァルト ピアノ

🤑 595 【演奏】 マティアス・キルシュネライト ピアノ バンベルク交響楽団 フランク・ベールマン 指揮 【録音】 1999年10月~2005年9月、バンベルク、Sinfonie an der Regnitz, Bamberg. キース・ジャレット、デニス・ラッセル・デイヴィス指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団 ECM。 モーツァルトの音楽はラヴェルのそれと同様に、過剰な感情移入は受け付けないのです。 例えば第1楽章第145—151小節など、より複雑で名人芸を披露するようなパッセージにおいては、モーツァルト自身が両手ともに書いている。

協奏曲 モーツァルト ピアノ

💢 159b 1773• ステレオにヘッドフォンをつなぎ、大音量で聴いてみよう。