連絡 差し上げる。 「ご連絡差し上げます」は使い方を間違えるとキケン!正しい使い方と類語の紹介|MINE(マイン)

差し上げる 連絡

🙏 「ご連絡差し上げる」の例文 「ご連絡差し上げる」はシーンによって使い分けが必要です。

9
差し上げる 連絡

😍 二重敬語とはならないと覚えておきましょう。 具体的には 『ご連絡差し上げるべきところ』として、謝罪や感謝の言葉につけ加えるのが適切です。 相手が望んでいる事柄なのか、こちらの都合で一方的に行う事柄なのかを判断して、使用に気をつけてください。

9
差し上げる 連絡

⚠ 「ご連絡差し上げた次第です」は以下の集合体になります。

19
差し上げる 連絡

🙂 シーンに関係なくメールや電話など日常的に使用でき、「差し上げる」の代わりに使ってもデメリットはありません。 ただし、場合によっては上から目線に感じられてしまうこともあるので注意が必要です。 より丁寧にと「ご連絡させていただきます」を言う方もいますが、この表現は間違いです。

15
差し上げる 連絡

😈 一方、 漢字表記での「致す」は「届くようにする、至らす」という意味があり、動詞として使われます。 謙譲語として一般的な形であり、二重敬語ではありません。

差し上げる 連絡

🌏 仕事で「やらかしたとき」こそ、きちんとした敬語と表現で切り抜けましょう。 しかし、正しい言葉遣いであっても、相手が疑問に思うのであればコミュニケーションとして適切ではありません。 目上の方やお客様など相手により丁寧に伝えたい場合には、こちらを使うとより確実でしょう。

7
差し上げる 連絡

☮ しかし、上記の例文「記念品のキーホルダー」との大きな違いは「報酬」は「労働の対価」であり、相手の正当な権利です。 こちらを差し上げます 物を差し上げるをほかの言葉で表現すると『寄贈する』『進呈する』などです。

18